よのなか科 ゲストティーチャーは冨安選手

先日の広報ブログでもお伝えしたJリーグ版 よのなか科。

 

Jリーグ版 よのなか科

http://avispaf.jugem.jp/?day=20161012

 

Jリーグでは人材育成活動における選手教育の取り組みとして、「キャリア・デザイン・サポートプログラム」Jリーグ版 よのなか科を全クラブで実施しています。

 

 

アビスパ福岡でもアカデミーU-14 の選手を対象に全部で5回の授業を実施。
先日最後のプログラムが行われました。

 

 

 

 

この授業はプロの競技者を目指す人材にとって適切な“キャリア”についての考え方や心構え、社会人として適切な就労観や職業観の醸成を目的に実施するもので、将来、地域で活躍、貢献できる人材の育成を目指して行っています。

 

 

 

最後のゲストティーチャーはU-19アジア選手権 初優勝、5大会ぶりのU-20W杯の出場権を獲得したトップチームの冨安健洋選手。アカデミー出身のみんなの先輩です!!

 

 

 

授業ではアジア選手権での戦いや、みんなと同じ14歳の時にどんなことを考えていたか、また苦しかった時期のことなど、いろんな話をしてくれましたよ。

 

 

 

 

 

またアジア選手権の優勝メダルを見せてくれました!!!!

 


これにはU-14選手のみんなも大興奮!!

 

 

 

 

 

メダルに触れ、憧れの先輩の話を聞いたU-14の選手たち。

 

 

 

改めて夢に向かって頑張る決意をより強くするきっかけになった選手も多かったと思います。

 

 

冨安選手の話を聞いた後は、みんなが5年後、どんな風になっていたいかキャリアイメージプランを考えました。

 

 


監督やチームメイトからどんな評価を受ける人になっていたいか、メディアやサポーターにどんなイメージを持ってもらえる選手になっていたいか、グループごとにまとめみんなの前で発表しました。

 

 

今回の「よのなか科」はこの授業で全5回のプログラムが終了しました。

 

 

選手たちはいろんなことを感じ、お互いの意見を出し合い、この授業を通して自分の将来を考える貴重な時間になったことと思います。みんなが将来どんな選手になるのか楽しみですね。

 

 

 

冨安選手も「みんなと一緒にプレーできる日を楽しみにしています」と話した通り、将来アビスパを背負う選手にがこの中からたくさん出てくることと思います。

 


これからの彼らの成長をみなさんあたたかく見守ってくださいね。
応援よろしくお願いします。

posted by: avispaf | アカデミー | 23:54 | - | - | - | - |
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search
New Entries
Category
Archives
mobile
qrcode